去年の18号には、災害に無縁だったココ滋賀の大津も
過去40〜50年記憶をさかのぼっても無い被害だった。
1年経っても、これという抜本的な対策も成されないまま
今日に至っている…
ここ数年様々な災害が日本を襲ってくる、災害列島になってしまった。
地球の変動時期に当たっているだけなのか?それとも
人間が変えてしまったのか?それとも
人間が変わってしまったのか?
地球規模の変動サイクルはどうにも出来ないが
人間は良いも悪いも、変われるでしょう!
やはり、先人の教え・忠告・慣わし・風習 等々
最近日本人は疎かになっていると自分は感じています!
花屋をしていても、風習とか退れて来てる…
花が無くても生きていける!と言う人がいますが
自分はそうは思いません!
花は自分や他の人の心を癒し、高揚させてくれる
数少ない唯一とも言える中の1つだと思うからです。
仏壇の前で手をあわせる事も一つ、
仏様に半分、自分に半分
何を伝えるか?自身がどう向き合っているのか?
それが手あわせるという事ですが
そこをどう捉えるかで、変わると思うんです。
一人一人が、自分の心にどう向き合うかが大切なんです!
時代は便利で楽になりましたが、中身の心が疎かになっては意味が無いんです!
災害に立ち向かう事が出来るのは、
文化や伝承を継承し引き継いで行くことを
有耶無耶にしない人間が
災害を減らしていけると思っています。
台風シーズン、無事に乗り越えたいものです。