トップページ > お花を元気にさせる方法

お花を元気にさせる方法

水あげ法

植物は、根があるときは、水分や栄養が導管を通って全体に行き わたりますが、切り花にすると、
切り口から上まで水分を送らなけ ればなりません。そのためにきちんと水あげをしてあげましょう。

  • 切り戻し

    茎の根元から1〜2cmのところを斜めに切り、水につけます。茎を 斜めに切ることによって、水の吸い口が広くなるため、水あげがよ くなります。

  • 水切り

    水の中で、根元から1〜2cmのところを 斜めに切ります。切りもどすのと同じよ うな効果があり、水圧で水の扱い上げを 促します。ほとんどの花材はこれでカ バーできます。

  • 湯あげ

    茎の切り口を10秒ほど熱湯につけたあと、 すぐ水につけるショック療法。熱湯につ けるときは、葉や花に湯気がかからない よう、紙などで必ずガードを。

  • たたく・砕く

    水を吸いあげにくい花材の切りロをハン マーなどで砕いて断面積を広げ、吸水を 助けます。

  • 折る

    茎の根元を空気中で折り、すぐに水につけます。

  • 割る

    茎がかたい枝物などは、ハサミで縦に十文字に割ります。たたいた り、砕いたりできないときに。

  • 焼く

    切り口が炭化するまで火で焼き、すぐ水 につけます。花や葉に熱気が当たらない ように、根元以外はぬらした紙でガード を。切り口を殺菌し、吸水を助けます。

  • 薬品法

    花によっては、切り口を酢に30秒〜1分 つけすぐ水につける、アルコールにつけ るなど、薬品で殺菌したり刺激を与えた りすると、水あげがよくなるものがあり ます。また、市販の延命剤を花器の水に 入れると、水を腐らせるバクテリアの繁 殖を防ぎ、水あげがよくなるので、花が 長持ちするだけでなく、毎日水替えをす る必要もありません。

  • その他

    深水…弱った花の場合、花材を紙で巻き、 花のすぐ下まで水につけ、2時間ほどお くと元気になります。 逆水…花材を逆さに持ち、葉の裏に水を かけ、水分の蒸発を防いで水あげを助け ます。霧吹きで葉の裏を湿らせるだけで も効果があります。

  • 銀草園

  • 〒520-0046
    滋賀県
    大津市長等2-9-13


    電話番号 
    077-522-0524

    営業時間
    平日・土曜 
    8:45〜19:00
    日曜・祝日 
    8:45〜18:30

    定休日
    基本的に年中無休ですが
    年始は3〜5日程カレンダーによってお休みを頂きます。
    また都合により、急なお休みを頂く場合は
    ホームページにて告知いたします。


2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

■赤色・・・休日

ピンク色・・・配達が困難
   (TEL確認下さい。)
   *配送は可能

青色・・・配達可能
   (時間指定は不可。)
   *配送可能

二次元コード

携帯からでもアクセスできます。